擦ると肌を傷めたり角質が剥がれる

内緒にしたい…買取王国は最高のリラクゼーションです > 医学 > 擦ると肌を傷めたり角質が剥がれる

擦ると肌を傷めたり角質が剥がれる

2016年1月19日(火曜日) テーマ:医学

ニキビを予防したり出来てしまったニキビを減らしていくためには、部位ごとにニキビの原因をしっかりと抑えて、原因に応じたニキビ洗顔方法を実践するこが重要となります。

今回は、顔にできてしまったニキビの対策方法として、ニキビを減らすポイントを5点ほどあげてみましょう。

一つは手には雑菌が多くいますので、その汚れた手で洗顔しても洗っているようで実は手の雑菌が移りニキビの元になりかねませんので、洗顔前に両手を綺麗に洗ってから洗顔します。

次に34度~38度くらいのぬるま湯で軽く洗顔することで毛穴を開き、汚れを取りやすくします。

3点目は洗顔料をよく泡立てて、円を描くように優しく洗います。

このとき、あまりゴシゴシと擦りますと肌を傷めたり、剥がれた角質が再度、毛穴に入って新しいニキビの原因にもなりますので、手は肌に付かないくらいで優しく撫でるように洗います。

そして、洗い残しがありますとそれが毛穴に入ってニキビの原因にもなりますので、洗い残しが無いように綺麗に洗い流します。

最後に拭くときも、柔らかい綺麗なタオルに吸い取らせるような感じで優しく肌に当てながら拭きます。

あなたが部位ごとのニキビができる 原因についてあまり詳しくないようでしたら、こちらのサイトが参考になることでしょう。

今回は、顔にできてしまったニキビの洗顔方法について紹介をしましたが、機会があれば、身体の他の部位の対策方法についても紹介をしたいと思っています。

ニキビに役立つやってはいけないテクニック